ユーザーのニキビ
ホーム > 化粧水 > アトピーって治す事ができるの?

アトピーって治す事ができるの?

アトピーと言う言葉を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。アトピーとはアトピー性皮膚炎のことをさしています。


アトピー性皮膚炎の症状はかゆみが中心で、その他湿疹、かぶれ、かさつき、赤みなどがあります。アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性的皮膚炎です。アトピー性皮膚炎になるとかゆみが我慢できずに掻きむしってしまい、それにより皮膚炎の部分が広がってしまいます。掻かないように注意していても寝ている時に無意識に掻きむしってしまう人も多くいます。


また掻くことで皮膚炎が広がり、かゆみも増すため夜にかゆくて眠れないということも起こってきます。また、アトピー性皮膚炎はかゆくて掻きむしってしまうことで皮膚の防御力が低下するため、細菌による感染症を起こすこともあります。


アトピー性皮膚炎はアトピー素因を持っていて生まれつきアレルギー反応を起こしやすい人、皮膚のバリア機能が低下している人がなりやすい疾患です。


アトピー素因とは家族や本人がアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などになったことがあったり、アレルギー反応を起こす抗体であるIgE(免疫グロブリンE)が出やすい体質の人のことです。


また皮膚のバリア機能とは肌が本来持っている防御機能のことで、外からの異物の侵入をブロックしたり、体内の水分が外へ出るのを防いで肌の潤いを保ったりする機能のことです。



アトピー性皮膚炎は乳幼児期に発症して自然治癒する人が多いですが、中にはずっと症状が続き大人になっても治らない人や、大人になってから発症する人もいます。大人のアトピーは乳幼児のアトピーと比較して症状がひどい場合が多くみられます。



アトピー性皮膚炎の原因となる物質(アレルゲン)にはダニ、ハウスダスト、食品(卵、牛乳、ソバ、小麦、大豆、ゴマなど)、花粉、カビ、イヌやネコなどの動物など実にさまざまなものがあります。その中でもダニやハウスダストが原因でアトピー性皮膚炎になる人が多いようです。


アトピーでも色々な症状がありますが、重度のアトピーになると皮膚科にお世話になるしか治す方法はないと思いますが、軽度のアトピーであれば市販の化粧水などでもお手入れをすることが出来ます。

わたしの場合は、肌潤糖クリアという化粧品と出会ってかなりアトピーの症状が緩和されました。もしあの化粧品と出会っていなければ今頃どうなっていたのかと思うとゾッとしますね。

スキンケアでお悩みの方は一度使ってみてもいいかも知れませんね。